投げ釣りの服装

投げ釣りは春夏秋冬、季節を問わず楽しむ事が出来ます。フィールドも砂浜からでも防波堤からでも磯からでも、様々なターゲットを狙う事が出来ます。

街中と海岸とでは同じ気温値を示していても体感温度でかなり差があるときがあります。また過剰な日焼けは体力を思った以上に消耗し体によくないことは周知のとおりです。

健康に良い魚釣りですが、装備、服装をシッカリとしていてはじめて、健康的にレジャーとしての魚釣りを楽しめると私は解釈しています。では、服装や身に付ける装備を考えて見ましょう。

投げ釣りのウェア類

釣りをするときの服装装備のキモは何と言っても・・・

  • 真夏でも長袖を着用する
  • すべらないシューズ(ブーツ)を着用する
  • 絶対に帽子はかぶる
  • 危険が少しでも予測される場所ではライフジャケットを着用する
  • グローブもできる限り着用する
  • レインウェアー、防寒着は釣り用のものを用意する

こういった事が基本中の基本です。

一つづつ見ていきましょう。

長袖の着用

無風に近いベタナギ状態では春先でも半袖でいられるほど海は気温が上昇する事があります。しかし、一度前線の接近などで風が吹き出すと、意外と肌寒い事も結構あります。また、春先は特にですが、地磯などでの釣行でハエや蚊などが異常繁殖するようなことがあり、この場合、長袖を着ていないと大変苦しい思いをすることがあります。

夏場の日差しは、海では強烈を極めます。小麦色の肌を目指して、上半身を裸で釣りをしている人を良く見かけますが、帰宅してから大変な思いをしますよ・・・。

過剰な日焼けの防止や虫対策、あるいは余計な寒さをしのぐ上でも長袖の着用はおススメの一番手です。もちろんズボンも長ズボンがおススメです。

すべらないシューズ(ブーツ)

ブーツは、釣り場によって、グリップの利くソールが違います。基本はこういう感じです・・・

  • 防波堤はラジアルかフエルト
  • テトラポットなどは、フエルトがおススメです
  • 磯は基本的にスパイクですが・・・
  • 一枚岩が多い場所ではフエルトスパイクがおススメです

私の場合は、殆どフエルトスパイクオンリーでやってます、砂浜はやや微妙ですが、オールマイティにグリップが利き易いのはフエルトスパイクが一番良いと個人的には思います。

砂浜は普通のシューズで行けそうですが、思わぬ波が打ち寄せてくる事があります。ラジアルソールのブーツが良いと思いますが、夏場の釣りではショートカットの専用のシューズとかもあります。

帽子は絶対にかぶる

帽子は頭を守る意味で釣りでは必需品と言っていいでしょう。強い日差しから頭を守っておかないと熱射病や熱中症、こういった恐ろしい疾病で、痛い思いをすることがあります。

それに、帽子のつばは目に直接入ってくる光を制限しますから、かぶっていると水中の様子も観察しやすくなります。偏光グラスなどは、帽子をかぶってはじめてその役割を果たす物とかもあるくらいです。

真冬は寒さしのぎにも一役買ってくれたりします。釣り専用のキャップがおススメですね。

フィッシングベスト、ライフジャケットの着用

ベストは、砂浜からの投げ釣りの場合は普通のフィッシングベストくらいで良いですが、防波堤や磯からの釣りの場合は、ライフジャケットが必須になります。

持っていないと、船に乗れないことがあります。まあ、何より自分の命を守る装備ですから、これだけは安物を買わないようにして、良い物を求めるようにしてください。

グローブの着用

フィッシンググローブは真冬の釣りでは欠かせない代物です。着けてないと手が冷たくて釣りにならないです。

フィッシンググローブは防寒用だけにその用途を考えられがちですが、岩場などで牡蠣などが多く付着している場合、転んだ時に手を守る意味などもあります。バランスを崩すと、たいていの場合手を先に付くからですね。

グローブもフィッシングギアで専用の物を選ぶこと!軍手の指を切ってそれで代用も十分に可能ですが、針が引っ掛かると、かえしの付いている釣り針は外すのに難儀します。

レインウェアと防寒着

レインウェアは、バッグに収納できるようなコンパクトにたためる物が良いです。基本的にナイロン系のスーツになっているものが機能的には良いですが、気温が高い時期では蒸れて汗だくになります。

多少値段は高くつきますが、防水透湿性がある「ゴアテックス」のウェアがイチオシですが、ゴアテックスのウェアは持ち運びを考えると、普通のナイロン系のレインウェアより嵩(かさ)張ります。

私は、現場の天候の急変対処用はナイロンの安物のカッパ。初めから天候の思わしくない時、それに、少し肌寒い時用にゴアテックスと数着を使い分けるようにしています。

一着を親の敵のように使用すると劣化も激しく、肝心の雨降りに役目を果たさなかったりする事もあります。釣りを長く続けるなら、数着程度は持っていた方が良いと思います。

防寒着は、必ず釣り専用の物を着用する事。重ね着は体の動きを制限して、不測の事態のあった時に、思うように体が動かないです。専用の物は上手く防寒出来る機能がいろいろ付いていますから、適当な物を買って置けば良いと思います。

icon