投げ釣りの装備、釣り具のお話

投げ釣りの代表的なターゲットはシロギスであり、カレイであったりします。場所や季節によってはアイナメやイシモチ、手軽にハゼやキュウセン(ベラ)やガシラなども狙う事が出来れば、夜釣りでチヌやスズキ、フエフキ(タマミ)やコロダイなども狙う事が出来ます。

このような様々なターゲットを相手にする投げ釣りは、当然ロッドやリール、仕掛けなどの釣り道具以外に装備の点でも色々と対応できるように揃えておく方が得策になります。

基本装備と言う事で考えて見ましょう

どう言う釣りをするか?

基本的に、投げ釣りは・・・

  • 足を止めて釣りをするか
  • 足を使ってポイント移動をしながら釣りをするか

まず、これで準備する釣具や装備が変わってきます。また、釣り場やターゲットによっても様々な投げ釣り用の釣具屋装備が必要になってくると言っても過言ではないでしょう。

ポイントは主に・・・

  • 砂浜からのシロギス狙い
  • 防波堤や導流堤から五目を狙う場合
  • 磯投げと呼ばれる大物狙い
海釣り公園のような施設を利用したり、船からのチョイ投げなどもありますが、「投げ釣り」と呼べるのは、このような感じだと思います。

では基本装備を見てみましょう!

砂浜からのシロギス狙い

シロギスを砂浜から投げ釣りで狙う場合、数釣りをメインに考える事が一般的です。また、この釣りは駆け上がりやヨブなどのポイントや良い潮が入っている場所を探しながら、足を使って釣るのが一般的です。「シロギスは足で釣る」と言う格言があるくらいなんですね。

このため、重装備になるロッドケースは使用せず、ロッドとリールを一組、それにクーラーボックスだけでフィールドに出る事が一般的でキモになっています。小物を収納するバッグ類も出来ればクーラーボックスに装着できる物がベストで、竿立てもクーラーに装備されている物があります。「投げ釣り専用クーラー」ですね。

砂浜からの投げ釣りは遠投が必要になる場合が多く、ロッドは並継竿でリールは遠投対応の専用の物がおススメです。クーラーボックスは、移動を繰り返す事が予想されるので、小型の8Lから12Lクラスが投げ釣り専用クーラーの標準になっていると思います。一つ買い求めれば良いと思います。

五目釣りメインの場合

冬場の防波堤からのカレイの投げ釣りや、導流堤のような汽水域でハゼやチヌ、スズキなどを狙う場合、あるいは磯からの夜釣りの投げ釣りでタマミやコロダイを狙うような場合、必然に装備は色々と増えてきます。

ロッドも一本竿よりも3本から5本程度用意したほうが良く、このためロッドケースが必要になってきます。ロッドケースに複数の竿を収納する場合、並継竿よりも振り出し竿が収納が便利でよいです。またタモや三脚などもロッドケースには収納できるので一つ奮発しておいても良いと思います。

クーラーボックスは、足を止めて釣りをする場合、やや大きめの13Lから18Lクラスがおススメで、エサの保存や飲料水、さらには人間様のエサ(まあ、弁当かパンくらい)もクーラーで保存するようにします。三脚固定用の水汲みバケツなども忘れないようにクーラーに収納しましょう。

このほかの小物は、バッグ(防水対応型のもの)を用意して、その中には・・・

  • スパアスプール
  • オモリ
  • 仕掛け
  • 雨具

このようなものを収納しておきます。夜釣りの場合は、もちろんヘッドランプやスペアの電池、穂先ライトなども必需品です、忘れないようにしましょう。

ハサミやプライヤーはベストに装着が基本です。また帽子やサングラスも忘れないようにしましょう(特に帽子)。遠投を余儀なくされるようなポイントへの釣行は指サックも忘れ無いように・・・、無いと指がメチャ痛いです。(怪我をするかもよ・・・)

着用する装備については、事項でもう少し突っ込んで考えて見ましょう。

icon