投げ釣りの釣り具(竿掛け、タマの柄)

竿掛け(竿受け)や玉の柄など、投げ釣りの限らず、釣りではこのような道具が必要になる場合や、「あった方が良い」場合が多いです。大事な釣り具を守る事も出来れば、大型魚を取り込むことが出来たりするからですね。

釣具と言えばどうしてもロッドやリールに興味が行きがちですが、最高のパフォーマンスをサポートするのは、それ以外の釣り具による部分も多いはず!

本項では、チョット知っておきたい竿掛けの話などを中心にお送りします。

竿掛け

手すりの付いた海岸線などから投げ釣りをする場合などは竿掛けは不用ですが、砂浜からや堤防からの投げ釣りの場合、持っておきたいのが竿掛けです。

砂浜からのキスの投げ釣りでは、砂の上に直接ロッドやリールを置くと、もちろんトラブルの原因になります。絶対に竿掛けを使用したい局面ですね・・・

砂浜からロッド一本でシロギスを狙うような場合、シンプルな一本足の竿掛けが良く、移動の際にもこれが便利です。砂に突き立てるだけで、十分に役割を果たしてくれるし、何より軽量でコンパクトですね。

一方堤防や岩場(磯)などでは、一本足の竿掛けは扱いづらいです。刺さらないし岩の隙間に打ち込む場合でも、投げ釣り専用の竿掛けとは違った物になります。これはNGですね。

このような場合は、もちろん三脚や四脚を使用します。

三脚は複数のロッドを並べて使用することが出来るので、冬場のカレイの投げ釣りやアイナメを狙った岩場の釣行、あるいは磯からの投げ釣り、波止からの夜釣りなどでその効果を最大限に発揮します。

三脚を使用する際には、中央の重心部分に必ず重りを吊るしておく事!通常は小型の水汲みバケツに海水を一杯入れて、これを吊るして使用します。

この重りがないと三脚は非常に不安定で、横風などで竿受けが倒れます。また、チョット手を洗ったりするのに便利で、すべてが相乗効果を発揮するように釣り具って用意するのがキモだったりします。

タモ

タモも、夜釣りや、磯投げの場合は用意しておく必要があります。抜き上げられない大物は、タモで確実に取り込むようにしたいからですね。

タモは、柄は、あまり曲がらない頑丈な物が良いですが、投げ釣りで使用する場合、そう高価なものは必要ないと思います。足場の高さにあわせて、5mクラスと6mクラスの二本は揃えておきたいですが、もちろん、現場の状況に合わせて、持ち込むのは一本だけです。

枠は、チヌや真鯛の場合は、50cm程度の枠が入れやすいと思いますが、スズキを狙う場合は60cm枠が入れ易かったりします。

まあ、真ん中とって55cmを持っておけば良いでしょうか・・・

icon