並継ロッドと振り出しロッド

投げ釣り用のロッドは各メーカー色々な機種が出ていて、これから投げ釣りをはじめられる方などは大いに迷われると思います。中には同じ号数で同じ長さでも硬さがちょっと違うとか、こういうタイプもあります。

バクっと言えば、潮さえ良くて、ポイントにチャンとエサが付いた仕掛けが入れば、ナンボでも食ってきますから、適当な物があれば、それはそれでOKなんですが、それじゃ情報にならないので、知的好奇心を満たす物として知っておいてくださいね。

構造的に、振り出しロッドよりも並継ロッドのほうが硬く反発力があるロッドになります。同じ号数、同じ長さでも振り出しロッドのほうが若干柔らかく、腰も弱くなります。向かい風の中で投げ比べてみればハッキリと違いがわかります、振り出しロッドのほうが飛距離が出ないはずです。

並継ロッド

並継タイプのロッドは、砂浜からシロギスを狙うような場合など、どうしても飛距離が必要な時は、こちらのモデルが良いです。

パワーロスが少なく、本格的に投げ釣りをするアングラーのメインロッドはおそらく100%並継ロッドだと思います。

メリットは反発力があって、飛距離が出ること、下世話ですが、かっこいいのも振り出しロッドです。(^◇^)

デメリットはとにかくかさ張ります。仕舞寸法も長く、持ち運びが不便で、2本、3本と置き竿でのんびり釣りをするような場合には向いていません。砂浜からサビキながら(引き釣りと呼ばれます)でシロギスを狙う場合がメインといっていいでしょう。

振り出しロッド

収納力に優れ、構造的に柔らかいロッドに仕上がる振り出しロッドは、大物釣りや、防波堤など、狭い場所からの投げ釣りに向いています。価格帯も並継に比べると安価な物が多く、入門者やのんびり釣りたい人には振り出しロッドが良いと思います。

腰が並継に比べて柔らかいと言う事で、汽水域のスズキやチヌ狙いの投げ釣りには効果的です。また、3本くらいで置き竿で狙う、カレイや真鯛、夜釣りの大ギス狙いにはピッタリのモデルと言えるでしょう。

デメリットは、飛距離が並継より出ないです。最近のロッドは反発力が以前と比べ物にならないくらいに良くなってますが、それでも並継のパワーには勝てないです。

このような傾向は、石鯛竿やルアー用のロッドでも当てはまります。基本的に並継は硬く、振り出しは柔らかいと覚えておきましょう。

以下は投げ竿の表示号数と使用できる錘の号数です、参考にして下さい。

投げ竿の号数と使用するオモリの号数

ロッド号数20号
15号から18号のオモリの使用が可能(飛距離は80mまで)
ロッドの号数23号
標準で20号のオモリを使用(飛距離は100mまで)
ロッドの号数25号
23号から25号のオモリを使用(飛距離は120mまで)
ロッドの号数27号
25号から27号のオモリを使用(飛距離は150mまで)
ロッドの号数30号
25号から30号のオモリを使用(飛距離は150m以上)
ロッドの号数35号
25号から35号のオモリを使用(飛距離は150m以上)
ロッドの号数40号
27号から35号のオモリを使用(飛距離は150m以上)

この表はあくまで目安です、潮流が早い場合など、ロッドの表示号数より重いオモリを付けることもあります。投げ釣りとしてロッドが振り切れる号数の目安として覚えておきましょう。

まあ、40号ロッドで35号のオモリを付けて振り切れれば、超人ハルクもビックリとは思いますが・・・(これが振り切れる人は相当です・・・)

icon